トレンドフォロー型トラップEA

MetaTrader4 用 ExpertAdvisor

TrendTrapは従来のトラップ型システムを大幅に進化させたトレンドフォロー型トラップシステムです。
現在のトレンドを自動判別し大きなトレンド発生時には利益を伸ばし、レンジ発生時にはトラップを繰り返し利益を積み上げます。
トラップ型取引とはトラップを並べて繰り返し利益を得る取引で、MetaTrader4で自動売買システムを動かす人が増えています。

■TrendTrapの使い方はアイデア次第で無限
・相場が一方向へ進む場合はポジションを積み上げ
・レンジ相場の場合は何度も繰り返し利益確定
・アベノミクス相場では円売り方向のみにトラップ
・リスク回避相場ではドル買・円買方向にトラップ

■相場環境に応じた特化バージョンをご用意
・TrendTrapアベノミクス版(円安方向にトラップを仕掛けます)
・TrendTrapローリスク版(売り買い両方でトラップを仕掛け、レンジ相場におすすめ)
・TrendTrap下限レンジ固定EURCHF版(スイス中銀のEURペッグ制を利用した戦略)
・TrendTrap緩和バブル崩壊(テーパリング)版(FRBのテーパリング開始でドル安・円安のトレンドが反転することを想定した戦略)

TrendTrapは特定の相場状況に特化したアベノミクス版・ローリスク版・下限レンジ固定EURCHF版・緩和バブル崩壊(テーパリング)版など簡単設定バージョンをご用意しています。



TrendTrap EAバックテスト結果 TrendTrap EAバックテスト結果

TrendTrap EAバックテスト画面

TrendTrap EAバックテスト画面

TrendTrap EAソースコード

TrendTrap EAソースコード

直販キャンペーンのご案内

今回のキャンペーンは終了までの期間限定となります。
都合により早めに終了させていただくこともございます。

特典1: 商品17%引きの価格でご提供

TrendTrapフルセット版(アベノミクス版・ローリスク版・下限レンジ固定EURCHF版・緩和バブル崩壊版を同封)
通常価格29,800円 → 直販価格24,800円(17%引き)
TrendTrapソースコード版(フルセット版を含む)
通常価格98,000円 → 直販価格56,800円(52%引き)

特典2: TrendTrapバックテスト結果をプレゼント

各種通貨ペアでのバックテストパラメータと結果をダウンロードいただけます。

特典3: PatternRecognizerプレゼント

販売サイトにて30,000円でご提供しているPatternRecognizerProを今回特別にプレゼントします。

購入方法

今回特別販売のため、直販を行っております。
seriometra.net公式ブログのお問い合せフォームより「購入希望」と書いてご連絡ください。
詳しい購入方法をメールにて返信いたします。

ご検討いただいてるお客様はお早めにお願いします。

TrendTrap購入はこちら

  • 直販割引で購入

    最安値で購入可能 フルセット版29,800円

    アベノミクス版・ローリスク版

    緩和バブル崩壊版・下限レンジ固定EURCHF版

  • DL-Marketで購入

    フルセット版29,800円

    アベノミクス版・ローリスク版

    緩和バブル崩壊版・下限レンジ固定EURCHF版

  • 直販割引ソースコード版

    最安値で購入可能 ソースコード版56,800円

    フルセット版とソースコード版をセットで

  • DL-Marketソースコード版

    ソースコード版56,800円

    フルセット版とソースコード版をセットで

TrendTrapは6つの特徴

  • User Friendly

    オートポジションサイジング機能

    現在の資産に応じた取引量を自動で計算します。

  • In The Box

    オートトラップ機能

    自動で繰り返しトラップを仕掛けます。

  • Cost Effective

    オートトレンドフォロー機能

    トレンド発生を判断し利益を伸ばします。

  • Plugin Compatible

    通常のトラップ型EAとしても動作可能

    オートトレンドフォロー機能をOFFにすると通常のトラップ型EAとして使用可能

  • Plugin Compatible

    トラップスプレッド機能

    現在価格からどのくらい離れた時にトラップを上下にしかけるか設定可能

  • Plugin Compatible

    上下レンジ設定機能

    トラップを仕掛ける上限・下限の価格を設定可能

特徴

通貨毎にBUYのみSELLのみBUY/SELL両方の設定を選べます

自動ポジションサイジング機能でロット数を自動計算できます

ロット数固定機能で0.01ロット固定など柔軟に設定が可能

レンジ設定でAUDJPYは70?100間のみ取引するなどレンジを指定できます

バックテスト

バックテストについて

バックテストはシステムトレードの醍醐味です。一切の制限をかけておりませんので、実運用を行うにあたり、ご納得できるまでテストください。

パラメータと取引結果から「TrendTrap」が採用する取引ロジックをある程度判別できるようになってます。バックテストを通して「TrendTrap」を安全に運用いただくパラメータ調整を行なっていただけましたら幸いです。

過度な最適化(カーブフィッティング)について

未来の情報に基づくパラメータの調整は行なっておりません。
またProfitFactorを上げるための過度な最適化は行っておりません。
見かけ上の数字を上げる手法はたくさんあり、最適化にはそれぞれご意見あるかと思いますが、デフォルト設定を基本として各通貨・時間軸に合わせたパラメータへ調整の余地を設けております。

* バックテストを行ったパラメータ
通貨ペア: AUDJPY
時間足: 1H足(時間足による違いはございません)
期間: 2010/01/01〜2012/11/22(直近2年間でテスト)
パラメータ:
TrapPips=200
TrapSpreadPips=100
LimitPips=500
MaxRange=100
MinRange=60
Slippage=5

対応通貨

奨励証拠金

0.01ロット
5000ドル以上

利用制限

バックテストは自由に行なっていただけます。
使用口座の制限はありません(両立可能な業者をご利用ください)。
通貨の制限はありません。
時間足の制限はありません。
ソースコードの提供は行なっておりません。
ソースコードの販売を希望される場合はパートナーシップ提携を条件に検討させていただきますのでお手数ですが個別にご連絡ください。

ご質問やお問い合わせについて

seriometraの活動

個人でシステムトレードの研究を行なってます。日本における投資のスタイルが手動取引からシステムトレードへ変わっていく中、よりリスクの低く多様な取引手法を用いることが投資の世界で生き残る上で重要なポイントだと思います。
TrendTrap以外にも販売していないEAをご提供することが可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

提供サービス

オリジナルEA作成
arbitrageプログラム(google docs)のご提供
システムトレード講座
各種EAのご提供
マーチンゲールEA
トレンドフォロータイプEA
スイングタイプEA
ソースコードの販売

お問い合わせ

お名前(必須)

メールアドレス (必須)

お問い合せ内容(必須)

メッセージ本文


FAQ

Q01: 口座に制限はありますか?
A01: 一切の制限はございません。取引の性質上、両立可能な取引業者で使用可能です。

Q02: 通過ペア・時間足の制限はありますか?
A02: 制限はございません。AUDJPYの4H足を使用例としてあげていますが各通貨ペア・時間足でご利用いただけます。

Q03: パラメータが多すぎておすすめのパラメータがわかりません。
A03: AUDJPYの4時間足でパラメータは初期設定をご利用ください。

パラメータの説明

初期値一覧

RegularMagicNumber=12345 マジックナンバー(複数実行する場合に重複しないよう設定)
AutoMoneyManagementMode=false自動マネーマネジメント機能
MoneyManagementRisk=0.001 資金に対するリミットの幅(必ず0.001以下で設定ください)
BasicLots=0.01 マネーマネジメント機能OFF時の取引ロット数を設定
AutoTrendMode=true 自動トレンド追尾モード
TrapValue=0.2 トラップ幅(v201より必須パラメータとなりました)
TrapSpreadValue=0.1 トラップからどのくらい離れたところでオーダーを発行するか
LimitValue=0.4 リミット幅: 利益確定幅
StopValue=0 ストップ幅: トラップ幅同様オーダーからの距離を設定(v301より追加)
StopRate=0 ストップレート: 損切りラインを決めたい場合に設定する(v301より追加)
TrailStopValue=0 トレイルストップ幅: トレイルストップ幅より利益が多い場合にストップをトレイルさせる(v301より追加)
TrailStopStartValue=0 トレイルストップ開始幅: トレイルストップを開始する利益幅を指定します(v302より追加)
MaxRange=100 トラップを仕掛けるMAXレンジ(v201より必須)
MinRange=60 トラップを仕掛けるMINレンジ(v201より必須)
Slippage=5 スリッページの幅を決定します
LongFlg=true BUYを有効にする 買い注文のみ実行したい場合はLongFlgをtrueにShortFlgをfalseに
ShortFlg=true SELLを有効にする 売り注文のみ実行したい場合はShortFlgをtrueにLongFlgをfalseに
BuyStopFlg=true BuyStop注文を有効にする
BuyLimitFlg=true BuyLimit注文を有効にする
SellStopFlg=true SellStop注文を有効にする
SellLimitFlg=true SellLimit注文を有効にする
DeleteFlg=true 現在レートより遠いオーダーを削除する

# 通貨ペアの小数点以下の桁数にご注意ください
78.12 の場合 1pips=0.01
78.123の場合 1pips=0.001
# v201よりpipsを廃止し、valueを取り入れています。
# 取引業者毎にpipsの単位が違うため、ドル円の場合0.2円など幅(value)を採用しました

詳細解説

* int regularMagicNumber
マジックナンバー: 複数のEAで同じ通貨ペアを取引する際に設定
設定値: int値の範囲で任意の数値を入力
初期値: 12345

* bool AutoMoneyManagemet
マネーマネジメント機能: 総資産の増減でリスクを設定
設定値: 使用する(true), 使用しない(false)
初期値: false
コメント: 最初は固定ロットでの運用をおすすめします

* double MoneyManagementRisk
マネーマネジメント機能ON時の資金に対するリミットの幅
設定値: 0以下の数値を入力
初期値: 0.001
コメント: 必ず0.001以下で設定ください

* double BasicLots
マネーマネジメント機能OFF時の取引ロット数
設定値: 取引業者が対応しているロット数の範囲を入力
初期値: 0.01
コメント: 最初は最小単位からの導入をおすすめします

* bool AutoTrendMode
自動トレンド追尾モード
設定値: 自動トレンドモード(true), 通常のトラップ型取引(false)
初期値: true
コメント:
自動でトレンドを判断しポジション・オーダーを変更します
falseの場合は通常のトラップ型取引と同様の動作をします。

* bool LongFlg
LongFlgを設定すると買い注文(BUY)を有効にします
設定値: BUYを有効(true), BUYを無効(false)
初期値: true
コメント: 片張り設定を行う場合は低リスクでの取引をおすすめします

* bool ShortFlg
ShortFlgを設定すると売り注文(SELL)を有効にします
設定値: SELLを有効(true), SELLを無効(false)
初期値: true
コメント: 片張り設定を行う場合は低リスクでの取引をおすすめします

* double TrapValue
トラップ幅(必須)
設定値: トラップの幅を設定
初期値: 0.2
コメント: トラップ幅

* double TrapSpreadValue
どのくらい離れたところでトラップを仕掛けるか(必須)
設定値: トラップを仕掛ける幅
初期値: 0.1
コメント: 現在価格のすぐ上下にトラップを仕掛けることを防ぎます

* double LimitValue
リミット幅(必須)
設定値: リミット幅を設定
初期値: 0.5
コメント: リミット幅

* double StopValue
ストップ幅
設定値: ストップ幅
初期値: 0
コメント: トラップ幅同様オーダーからの距離を設定(v301より追加)

* double StopRate
ストップレート
設定値: ストップレート
初期値: 0
コメント: 損切りラインを決めたい場合に設定する(v301より追加)

* double TrailStopValue
トレイルストップ幅
設定値: トレイルストップ幅を設定
コメント: トレイルストップ幅より利益が多い場合にストップをトレイルさせる(v301より追加)

* double TrailStopStartValue
トレイルストップ開始幅
設定値: トレイルストップ開始幅を設定
コメント: トレイルストップを開始する利益幅を指定します(v302より追加)

* double MaxRange
トラップ設定レンジの上限(必須)
設定値: これ以上高い位置では取引しない価格を設定
初期値: 100
コメント: トラップを仕掛けるMAXレンジ

* double MinRange
トラップ設定レンジの下限(必須)
設定値: これ以上低い位置では取引しない価格を設定
コメント: トラップを仕掛けるMINレンジ

* int Slippage
スリッページの幅
設定値: 取引業者や約定のしやすさに応じて調整
初期値: 5
コメント: なし

v2からv3へのバージョンアップ内容

* ストップロス機能
任意の価格にストップロスを設定できる機能。
大幅下落時に損失を限定することが可能です
* トレイリングストップ機能
リミットを設定せずに、一定幅でトレイリングストップを設定することが出来ます
相場の変動に合わせ、多くの利益を追求したい方におすすめの設定です

v1からv2へのバージョンアップ内容

* AutoTrapPipsModeの廃止
自動算出は行わず、MaxRange, MinRange, TrapPipsからトラップを設定します。
* TrapPipsの必須化
AutoTrapPipsModeの廃止に伴い、トラップ幅を指定してください。
* TrapSpreadPipsパラメータを新設(新機能)
トラップを仕掛けるまでの幅を指定可能になりました。
* MaxRange, MinRangeの必須化
トラップを仕掛けるレンジの上限下限を指定ください。
* AutoTrendMode=falseの場合に通常のトラップ型取引の動作
AutoTrendMode=trueの場合はトレンドに応じてトラップを切り替えます。
AutoTrendMode=falseの場合は通常のトラップ型取引の動作をします(新機能)。
* 時間足の制限を廃止
どの時間足でも動作します。
トレンドの判定には1H足を使用します。

– バージョンアップ時の注意点
v1からv2では仕組みを大きく変えていますので、
既存のオーダーは削除ください。
すでにあるポジションでリミットがついてないものには
リミットを設定ください。

アフィリエイトパートナーを希望される方へ

DL-MarketにてTrendTrapの提供を開始しました。

DL-Marketにて、TrenTrapを価格29,800円で販売しており、アフィリエイトパートナー様への料率を「10%」で設定しております。

TrendTrapはヤフオク, gem-trade, DL-Marketで提供しております。

DL-Marketでアフィリエイトパートナーを希望される方はこちら